アドバンスド・マイクロ・デバイシズ

はなこ
はなこ
アドバンスド・マイクロ・デバイシズは、
半導体大手よ。

 

 

アドバンスド・マイクロ・デバイシズ

 

 

 

 

アドバンスド・マイクロ・デバイシズは、コンピュータ業界、

 

 

 

グラフィックス、家電業界向けマイクロプロセッサ・ソリューションの

 

 

 

開発・製造・販売およびサポートに注力し、

 

 

 

コンピュータ搭載用のx86マイクロプロセッサ、ノート型パソコン、

 

 

 

ワークステーション、サーバーに使用されるチップセットなどを提供している。

 

 

 

アドバンスド・マイクロ・デバイシズは、パソコン向け需要を背景に

 

 

 

同社製CPU「Ryzen」シリーズが好調。

 

 

 

ゲーム機用半導体等の各分野が全て伸びている。

 

 

 

 

インテルの独走であったCPU市場において存在感がましています。

 

 

一時は経営が傾いた時期もあったそうですが、

 

 

 

持ち前の技術力を武器にCPUやGPUの開発に力を入れておかげで

 

 

 

近年は経営が回復しています。

 

 

 

また業界トップのインテルの市場シェアを奪っている点、脅かす存在にまで

 

 

 

成長し始めている所にも注目していきたい。

 

 

 

 

アドバンスド・マイクロ・デバイシズは、高成長が見られて、

 

 

 

 

2020年7月から株価は上昇を続けています。

 

 

 

 

さまざまな分野でデジタル化が進み、半導体需要が急拡大していることから

 

 

 

 

2021年度も大幅な増益となる見通し。

 

 

 

 

米アドバンスト・マイクロ・デバイセズは2021年11月8日、

 

 

 

 

メタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)にサーバー用プロセッサーの

 

 

 

供給を開始すると発表。

 

 

 

 

収益性の高い同製品市場でインテルをさらに脅かそうとしている。

 

 

 

同社製プロセッサー「EPYC」をメタがデータセンター用コンピューターで

 

 

 

 

使用することを明らかにした事をうけて、AMD株は発表後、

 

 

 

 

一時13%上昇しました。

 

 

 

では、今後アドバンスド・マイクロ・デバイシズのリスクは何か?

 

 

 

それは、2022年から量産が始まる3ナノメートル半導体をしっかりと

 

 

 

調達できるのか…と言われていますが、企業規模が大きく高成長を遂げて

 

 

 

 

いるので、今後競争に十分に対応できると見られています。

 

 

 

 

投資は自己責任ですから、よく調べてから行って下さい。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA