☆アムジェン  ☆トラベラーズ

アムジェン

 

アムジェンは、アメリカに本社を置くバイオ医薬品メーカー。

 

主力の医薬品は関節リウマチ治療薬「エンブレム」です。

 

 

2019年アムジェンは、中国のバイオテクノロジー会社

 

ベイジーンの株式20.5%を現金約27億ドルで取得。

 

中国にはおおきな商機があり、新たな収入を得ることになる。

 

世界2位の医薬品市場である中国で事業拡大。

 

 

2019年、アムジェンは、米セルジーンから

 

乾癬治療薬「オテズラ」を獲得した。

 

(アムジェンが「オテズラ」の全世界の権利を134億ドルで

 

取得している。)

 

 

 

 

 

また、同じく2019年 アステラス・アムジェン・バイオファーマと

 

日本のおいて共同開発した

 

ヒト抗スクレロスチンモノクローナル抗体製剤イベニティ

 

骨粗鬆症の治療薬として厚労省から製造販売承認を取得。

 

 

2020年アムジェンのロバート・ブラッドウェーCEOは、

 

 

「我々の業界では、中国と日本がそれぞれ第2と第3の市場だ」と

 

 

述べている。

 

 

現状で売り上げの柱は、アメリカ市場で、全体の75%以上を

 

 

占めています。

 

アムジェンが2021年第2・四半期決算は、売上高5%増加した。

 

 

ただ、新型コロナウイルスのパンデミックが今後残りの期間の

 

売上高に影響を及ぼす可能性があるとの見通しを示した。

 

 

配当利回りは3%弱。

 

 

 

トラベラーズ

 

 

損害保険大手。

 

企業、政府組織、組合、個人を対象に商業・

 

個人用損害保険商品とサービスを提供。

 

上場市場はニューヨーク証券取引所(NYSE)で、米国を

 

代表する2大株価指数「NYダウ」「S&P500」のいずれかの

 

指数にも採用されています。

 

 

配当利回りは2%強。

 

 

幅広く損害保険の色々なジャンルをカバーしているので

 

損害保険の業界動向をはかるうえで重要な企業です。

 

トラベラーズは、賠償責任保険や住宅・自動車保険など幅広い

 

 

商品を展開している。

 

 

ハリケーンや自動車事故の被害が大きいと業績にネガティブとなる。

 

2021年8月の大型ハリケーン「アイダ」による保険金請求書額

 

について、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で

 

復興に必要な木材や労働コストが上昇している。

 

損害保険各社の推計額を上回る可能性があると示した。

 

トラベラーズが第1四半期決算発表。

 

売上高は市場予想を下回り、一株あたり利益(EPS)は

 

市場予想を上回る結果となった。

 

トラベラーズは、年初来変動率は9%となっており、

 

低調なパフォーマンスマで推移しています。

 

トラベラーズを構成銘柄とするS&P500の年初来変動率は

 

10.84%となっている。

 

 

投資は自己責任ですから、しっかりと調べてから行って下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA