米国株投資信託ーファンドを見つけよう➀

はなこ
はなこ
こんにちは、はなこです。
インデックス型の投資信託を中心にファンドを紹介するよ。ざっくりと紹介するから気になるところがみつかったら、調べて見てね。

インデックス型ファンドとアクティブ型ファンドについては、前の記事に書いて

ありますので、ぜひお読みください。

 

〇インデックス型

eMAXIS  SIim  米国株投資(S&P500)

米国大型株で構成するS&P500指数に連動することを目指すインデックス型ファンド。

米国の主要産業を代表する約500社にこのS&P5001本で投資できます。

一般NISA、つみたてNISAにも対応。

 

知っておきたいポイント

S&P500をベンチマーク(基準とする株価指数)とするインデックス型ファンドは米国株投資の基本。

eMAXIS  SIimシリーズは手数料が安く、様々な種類の投資信託が用意されている

ので、長期的な資産形成にはおすすめの1つです。

 

 

〇 インデックス型

iFree  S&P500  インデックス

投資成果をS&P500指数の動きに連動することを目指すインデックス型ファンドです。

購入手数料無料(ノーロード)で、運用コスト(信託報酬)も十分に低い水準なので、

積立投資に向いています。

一般NISAやつみたてNISAで購入することもできる。

 

知っておきたいポイント

販売会社が多いため、購入しやすいファンドです。

投資先を選ぶ際には、手数料や口座を開設した販売会社で扱っているかなど

を調べておきましょう。

 

 

 

〇インデックス型

SBI・バンガード・S&P500

世界最大級の運用会社であるバンガードとSBIグループによる

「バンガード・S&P500ETF」を通して、

S&P500指数(円換算ベース)に連動する投資成果を目指す。

低コストで運用できる投資信託の代表。

一般NISAやつみたてNISAに対応。

 

知っておきたいポイント

低コストで運用できるメリットがあります。

取り扱いのある販売会社は少ないので、そこは

確認しておきましょう

 

 

 

〇インデックス型

iFree  NYダウ  インデックス

 

アップル、マクドナルド、コカ・コーラなど、米国を代表する世界的企業30社の

株価をもとに算出されるダウ・ジョーンズ工業株価平均(円換算ベース)をベンチマーク

として運用してます。

 

 

知っておきたいポイント

米国経済の成長を取り込むことができる。

S&P500とは違う値動きをすることもあるので、資産の分散として考えて

みるのもいいかなと思います。

 

 

ここまでいかがでしたでしょうか。

 

米国株投資初心者でも運用を始めやすいインデック型の投資信託を

中心に紹介しています。

 

投資は自己責任ですからしっかりと理解し考えてから行動する

 

 

何回かに分けて投資先を書いていきます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA