米国株投資信託ーアクティブ型に挑戦!

はなこ
はなこ
次のステップは、アクティブ型を知ろう。
投資信託による資産に慣れてきたら、
より大きなリターンを期待できるアクティブ型を
考えてみてもいいわね。

〇アクティブ型

フィデリティ・米国優良株・ファンド

米国企業を幅広く網羅するS&P500指数をベンチマークとし、それを上回る

投資成果を目指すアクティブ型ファンド。

 

 

知っておきたいポイント

一般NISAやつみたてNISAでも購入できる。

米国株を投資対象としたアクティブ型ファンド。

 

 

 

〇アクティブ型

アライアンス・バーンスタイン・

米国成長株投資Bコース(為替ヘッジなし)

S&P500指数以上の運用成果を目指す投資信託。

組み入れ銘柄の上位にはアルファベット(グーグル)、マイクロソフト、

アマゾンなどが並びます。

 

 

知っておきたいポイント

S&P500指数を上回る収益に期待

アクティブ型ファンドとしては運用手数料も比較的安いため、

インデックス型を上回る収益を狙いたいときには購入を考えてみたい1つです。

 

 

 

〇アクティブ型

netWIN  GSテクノロジー株式ファンド

Bコース(為替ヘッジなし)

革新技術を活用することで、さらなる成長が期待される米国企業に投資する

アクティブ型ファンドです。

アルファベット(グーグル)、マイクロソフト、フェイスブックなど、成長性と収益力

の高い企業が主な投資対象です。

 

 

知っておきたいポイント

次世代テクノロジーへの投資

米国のテクノロジー企業にターゲットを絞ったファンド。

IT先端企業は今後も成長が期待できるため、さらなる伸びに期待したい

ファンドです。

 

 

まずは、投資信託による資産運用に慣れてきてからアクティブ型ファンドを考える

ことをお勧めします。

まずは、しっかりと調べて余裕資金から運用し始める。

無理はしないです。

投資は、「時間を味方に」が基本です。

ですが、長期投資によるメリットを受けることができない年代の方、

言い換えると投資に使える期間が少ない年代の方は、

ある程度のリスクを取る必要が出てきます。

投資経験や知識があればいいのですが、わからないままあれこれ手をですと

万が一大きな損失があった場合に埋め合わせることが困難になることもあります。

そのため投資信託の運用、アクティブ型ファンドをポートフォリオに組み込む

ことを考えてみるのも1つの戦略だと思います。

 

 

積立投資のメリットとデメリット

メリット

・定期的にに購入することで、リストを分散できる。

デメリット

・相場全体が上昇している時、収益のチャンスを逃す可能性がある。

 

 

 

投資は自己責任ですから、きちんと調べて考慮してから行って

見てください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA