エンフェーズ・エナジー

はなこ
はなこ
エンフェーズ・エナジーは、太陽光発電のパネルにつなぐマイクロインバーターのメーカーよ。

 

 

 

エンフェーズ・エナジー

 

 

 

エンフェーズ・エナジーは、太陽光発電のパネルにつなぐ

 

 

 

 

マイクロインバーター技術を提供する米国企業。

 

 

 

 

 

本社所在地 カリフォルニア州フレモント

 

 

 

 

 

マイクロインバータは、住宅用などの小規模な太陽光発電に

 

 

 

 

 

使われる超小型のパワーコンディショナー

 

 

 

 

 

(電力変換装置)のことです。

 

 

 

 

 

 

 

パワーコンディショナーは、太陽光発電で創っただけでは使えない

 

 

 

電気を家庭で使える電気に変換するだけでなく、

 

 

 

太陽光発電システム全体を効果的・効率的に稼働させるなど、

 

 

 

 

重要な働きをしています。

 

 

 

 

 

エンフェーズ・エナジーは、パワーコンディショナー(電力変換装置)

 

 

 

 

に蓄電システムを組み合わせて提供しています。

 

 

 

 

 

 

2006年の会社設立以来マイクロインバーターの開発、販売を進め

 

 

 

 

 

2021年時点で累計3000万台以上のマイクロインバーターを

 

 

 

 

 

130カ国以上に設置しています。

 

 

 

 

 

エンフェーズ・エナジーは、製造設備を持たないで

 

 

 

 

 

アジアの受託製造会社に生産を委ねています。

 

 

 

 

 

自社では、研究開発と販売に力を注いでいます。

 

 

 

研究開発分野は、電力変換・制御技術・半導体技術・クラウドベースの

 

 

 

 

 

ソフトウェアの開発などをしています。

 

 

 

 

 

 

エンフェーズ・エナジーは、必要な資金は、

 

 

 

 

 

増資と社債発行でまかなってきました。

 

 

 

 

 

2018年には、パネルメーカーの米サンパワーのマイクロインバーター部門

 

 

 

 

 

を5700万ドル(約62億円)で買収しました。

 

 

 

 

サンパワーのマイクロインバーター事業は140の特許を保有しており、

 

 

 

 

 

ファーウェイやソーラーエッジのような米国市場に

 

 

 

 

 

参入する競合に対抗するためと言われています。

 

 

 

 

 

米国では太陽光発電の導入において

 

 

 

 

 

事業者と消費者の両方に補助金の提供や

 

 

 

 

 

投資税額控除などの税制上の優遇措置がとられてきました。

 

 

 

 

 

2019年 エンフェーズ・エナジーの売上高が倍増しました。

 

 

 

 

 

これは2019年末、連邦政府の投資税額控除の控除率が

 

 

 

 

 

引き下げられた影響が大きいです。

 

 

 

 

 

カリフォルニア州では、2020年1月の建設申請分から新築住宅への

 

 

 

 

太陽光発電設備の設置が義務化されました。

 

 

 

 

 

 

今、株式市場が注目しているエンフェーズ・エナジーは、

 

 

 

 

 

 

太陽光発電設備住宅で今後業績を拡大していくと予想されています。

 

 

 

 

 

投資は自己責任ですから、よく調べてから行って下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA