インデックス型ファンドとアクティブ型ファンド

はなこ
はなこ
インデックス型ファンドとアクティブ型ファンドがあるけど、いまいちよくわからない。
なにがどう違うの?

そんな方の疑問を解決します。

 

こんにちは!はなこです。

なるべくわかりやすく書いていきますので、最後まで読んで、米国株に興味を

持ってもらえたら嬉しいです。

 

インデックス型ー初心者でも始めやすい

 

アクティブ型ー指標を上回る運用を目指す

 

 

インデックス型ファンドは、初心者でも始めやすい投資信託

 

〇 投資先がわかりやすく初心者でも安心。

〇 市場が好調の時は安定して利益が得られる

〇 手数料が安い

 

日本には「日経平均」や「TOPIX」、米国には「ダウ平均」や「S&P500」、

IT企業が数多く上場している「NASDAQ」などの株価指数があります。

この株価指数をベンチマーク(基準)として、同じ値動きをするように運用

する投資信託がインデックス型ファンドです。

S&P500をベンチマーク(基準)とする投資信託を購入すると、

S&P500の構成銘柄500社すべてをパッケージとして保有することになります。

個別銘柄で同じことをすると、資金と手間が必要になりますが、

投資信託では少額でできます。

インデックス型は株価指数に連動する

 

 

 

アクティブ型ファンドは、指標を上回る運用を目指す

 

〇 インデックス型より高い収益が期待できる。

〇 市場全体が不調でも収益が期待できる

〇 こだわりの運用をするファンドが選べる

 

アクティブ型ファンドは、ベンチマーク(基準とする株価指数)を

上回る収益を目指す投資信託です。

運用会社が投資方針にもとずいて個別銘柄を調査・分析して運用するため

インデックス型より運用コストが高くなり、投資信託などの手数料が

高くなります。

アクティブ型は、運用方針や手法をしっかりと理解したうえで投資し、

運用状況を定期的にチェックする必要があります。

 

アクティブ型は指標を上回るように運用する。

 

 

「バランス型ファンド」は、国や地域、株や債権、金などさまざまな資産へ

分散して投資する投資信託。

 

 

インデックス型ファンドは、ベンチマーク(基準とする株価指数)と同じ値動きになる

ように運用。

 

アクティブ型ファンドは、ベンチマーク(基準とする株価指数)を上回るように運用。

投資信託には種類があります。

自分の取れるリスクを考慮して投資に少しでも興味を持てていただければ幸いです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA