ポートフォリオを考えるー20代の米国株投資

はなこ
はなこ
ポートフォリオとは自分が保有している資産の組み合わせや比率のことよ。

 

ポートフォリオは資産運用の目的やライフステージによって変わる

 

安定的に資産運用を考えているなら、リスクの高い株の比率を下げて債権や

現金などを多く保有します。

逆に高い収益を目指す場合は株の比率を多くします。

 

代表的なポートフォリオは、GPIF(年金積立金管理運用独立法人)の資産構成が

あります。

GPIFのポートフォリオ(この時調べた時点、今後変わることもありますので参考程度に)では、

国内債券・国内株式・外国債券・外国株式がそれぞれだいたい1/4ずつとなっています。

運用資産のうち半分を収益を上げるため株で運用。

もう半分は安定した運用、債券で運用しています。

 

〇 資産運用にはポートフォリオを考えて資産構成をしていく

 

〇 ポートフォリオは年代、資産運用の目的などを考慮して決めていく

ことをお勧めします。

 

〇 定期的にポートフォリオを見直すことも忘れずに

 

時間を味方に20代の米国株投資

 

「長い時間」を味方に20代から資形成を始めることをお勧めします。

過去の歴史を見ても「サブプライムローン」「リーマンショック」と

様々な経済危機があっても米国経済は回復しています。

近年では、ダウ平均やS&P500は最高値を更新、米国経済の強さを見せて

います。

20代では収入が低い方もいらっしゃると思います。

株の比率を多めにしてリスクを取り、時間を味方にリターンを目指すことも

可能です。

 

20代、時間を味方にリターンを目指す

例えば、米国株へ投資できる資金をすべて投資に回すというポートフォリオを

考えてもいいと思います。

 

約1/3は、インデックス型ファンド

 

約1/3は、アクティブ型ファンド

 

残りは自分で調べた個別銘柄

というポートフォリオです。

年間の投資額が120万円以下で、他に投資予定がない場合、一般NISAを

使うこともいいと思います。

 

ここがポイント!

投資する資金は余裕資金で‼

まだまだ先は長いです。投資は自己責任ですから、

ゆっくりと時間を味方に資産運用しましょう。

 

 

20代、リスクを抑えて投資する

 

リスクをなるべく抑えて着実に資産形成したい人は

「つみたてNISA」を利用した積立投資がおすすめです

 

20代からの資産形成は、「長い時間」が味方です。

20代では回せる資金も少ない方もいらっしゃると思いますので、

限られた資金の中である程度リターンを狙いながら、運用すること。

例えば

半分を着実な上昇が期待できるインデックス型ファンド

 

残り半分はリスクが小さいバランス型ファンド

 

というポートフォリオも考えられます。

 

他に投資予定がなければ「つみたてNISA」を利用することをお勧めします。

月に一回程度運用状況を確認しておきましょう

 

ここがポイント!

投資資金は余裕資金で‼

投資は自己責任ですから

時間を味方にリスクを抑えて投資する。

ポートフォリオはあくまでも例えばです

 

20代で投資に興味を持ち、始めようと思うのは素晴らしいことです。

 

 

ウォーレン・バフェットとアマゾンのジェフ・ベゾスの有名な会話があります。

ジェフ・ベゾス

「何でみんなあなたの投資戦略を真似ないんですか?」

 

ウォーレン・バフェット

「ゆっくり金持ちになりたい人なんていないよ」

 

これは逆を言えば「ゆっくりと金持ちになればいい」と私は解釈しました。

色んな意見があると思いますが、

時間を味方に自分に合ったポートフォリオを考えて見てください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA