☆プロクター・&・ギャンブル ☆ホーム・デポ

はなこ
はなこ
プロクター&ギャンブル
連続増配年数64年

ホーム・デポ
米国ホームセンター最大手
だよ。

 

 

・プロクター&ギャンブル

 

世界的シェアを誇る日用品メーカー

 

日本でも「P&G」として知られているプロクター・アンド・ギャンブルは、

世界大手の日用品メーカーで、女性に人気の企業です。

 

 

年間売上高は、700億米ドル(約7.35兆円)を上回っている。

売上高の半分以上を米国以外の地域が占めているのが特徴。

 

 

衣料用洗剤「アリエール」 化粧品「SK-Ⅱ」 オムツ「パンパース」

シェーバー「ジレット」 ヘアケア「パンテーン」などを展開している。

 

業績は安定成長している。

 

65期連続配当を出しており、自社株買いにも積極的。

 

生活必需品を主に扱っているため景気の影響を受けにくいと

言われています。

 

さらに市場も米国内にとどまらず世界各地に散らばっています。

 

新型コロナウイルスの拡大によって、

いわゆる「コロナショック」により米国株式市場も大暴落し、

ダウ平均株価も2週間程度、37%近く下落することが

ありました。

 

 

プロクター&ギャンブルの株価も大きく下落しました。

その後どうなったかというと

株価はコロナショック前の水準に戻っています。

 

このような暴落が起きても業績や株価は堅調です。

 

配当利回りは、2.5%程度。

生活必需品セクターでは平均的な感じです。

 

長期保有を考えている人に向いた銘柄の1つだと思います。

 

 

・ ホーム・デポ

 

 

米国ホームセンター最大手。

 

 

米国では中古で自宅を売却することが多く、DIYで

価値を高めて売却したい消費者ニーズに応えている。

 

 

日曜大工(DIY)の顧客と専門家の顧客の2つの主要な顧客に

建材、芝生、庭製品、装飾製品、工具など様々なサービスを提供。

 

 

北米で2200以上のの店舗を構えている(米国2000店、カナダ200店)

店頭には3万点以上の商品とオンラインでも商品を扱っています。

 

 

専門業者からの要求にも応えれるほどスキルの高い従業員がサポート

してくれるのも強みです。

 

昨今AmazonをはじめとするECとの競争で押され気味なのか

オンライン強化しているので注目です。

 

 

ホーム・デポはAmazonの脅威に対抗できる小売り企業の1つと

言われています。

 

 

急騰していた木材価格も落ち着き、今後は成長は減速するかもしれません。

 

ただ住宅需要の高まりや住宅関連支出の増加といった、業界全体の

恩恵が見込まれています。

 

業績は着実に拡大しており、配当利回りも2%台、

 

連続増配年数 12年

 

コロナの時は下落しましたが、その後は順調に回復してきています。

 

一般消費財セクターの中でも優秀な企業に1つだと思います。

 

 

投資は自己責任ですから、しっかりと調べてから行って下さい。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA