つみたてNISA・iDeCoで資産形成

はなこ
はなこ
つみたてNISAでお得に投資
iDeCoで老後資金

つみたてNISA

NISAは2024年から新制度へ移行しますので、2023年までは現行の制度を

利用することになるので、現行制度のNISAでの投資について書いていきます。

 

 

株や投資信託を運用して得た利益や配当には20.315%の税金がかかります。

ところが、NISA(少額投資非課税制度)を利用すれば、投資で得た利益に税金

がかかりません。

 

資産形成を目的として投資信託で米国株へ投資する場合は、一般NISAより

つみたてNISAがおすすめと言われています。

一般NISAでは毎年120万円で5年間の非課税がありますが、

つみたてNISAでは毎年40万円で20年間の非課税枠。

1年間に投資できる金額こそ少なめですが、20年間という長期に

わたって合計800万円まで非課税で運用できるのは大きなメリットです。

 

知っておきたいポイント

一般NISAとつみたてNISAは同時に利用できない

個別株を取引する場合には、短期間で株の売買を繰り返すと、

現時点の一般NISAの年間120万円ではすぐに枠がなくなってしまいますし、

損失が発生してもNISA口座では損益通算はできません。

 

つみたてNISAで運用できる金融商品は、金融庁の一定の条件を満たした

投資信託・ETFのみとなります。

 

つみたてNISAで取り扱われている投資信託は、販売手数料を無料とすることが

政令で決められています。

購入時や解約時に手数料がかからないのは、メリットです。

 

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、老後資金の形成を目的

として決まった額を積み立てる私的年金制度。

 

毎月、自分がきめた掛金を積み立て、あらかじめ用意された

定期預金、保険、投資信託から自分で選んで運用します。

 

iDeCoでは、NISAと同様に運用で得た利益に税金がかかりません。

毎月の掛金は社会保険料などと同様に全額が所得から控除されます。

 

メリットもありますが、

iDeCoでは、積み立てた資産を原則として60歳になるまで引き出すこと

ができません。

iDeCoは加入してから受け取り開始まで10年以上と決まっています。

自分が受け取れる年齢とリタイヤ予定年齢とを考えて、加入するメリット

があるか調べて見てください。

 

加入している年金制度、勤務先での企業年金制度によって拠出できる

掛金の限度額が違うので確認しておいてください。

 

加入する際には手数料をチェックしてください。

額として小さいですが、原則60歳まで引き出せないので、数十年間、

毎月支払うとなると負担が大きくなります。

 

 

 

iDeCoにも米国株へ投資する投資信託がありますので、確認しておいてください。

 

 

ここまで書いて、国が税金を非課税にしてまでも運用を促していることの意味は何か

考えてみるきっかけの1つになりました。

ここまで読んでいただきありがとうございました

 

 

投資は自己責任ですから、しっかりと取り扱い金融機関などを

調べてから始めてください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA