ゾエティス

はなこ
はなこ
ゾエティスは、動物用医薬品メーカーね。

 

 

ゾエティス

 

 

 

 

世界最大の動物用医薬品メーカー。

 

 

 

 

 

本社は、ニュージャージー州

 

 

 

 

 

家畜・ペット用の医薬品およびワクチンを発見、開発、製造、商品化する。

 

 

 

 

 

北米、欧州、アフリカ、アジア、および中南米で製品を販売し、

 

 

 

 

 

 

動物用医薬品・ワクチンを提供する動物用医薬品メーカー

 

 

 

 

 

 

大手製薬会社ファイザーの農畜産部門が前身で、

 

 

 

 

 

独立する形でできた企業で、

 

 

 

 

 

 

動物のヘルスケア業界をけん引してきました。

 

 

 

 

 

 

家畜やペット向けのワクチン、抗寄生虫薬、抗感染症薬、

 

 

 

 

 

 

鎮痛薬、抗がん剤など多数あります。

 

 

 

 

 

 

主な製品は犬用皮膚炎治療薬などがあり、

 

 

 

 

 

 

300以上の製品、100以上の国や地域で製品を販売しています。

 

 

 

 

 

 

 

動物向けの製薬業界は、人間向けと比較するとライバル企業が少なく

 

 

 

 

 

 

市場を独占しやすい。

 

 

 

 

 

 

株価は近年5年で約2倍になっています。

 

 

 

 

 

配当利回りは、0.5~1%付近を推移しています。

 

 

 

 

2014年以降は増配を続けています。

 

 

 

 

 

 

動物医療市場向けに2018年には獣医師向け診断機器のアバクシスを

 

 

 

 

 

 

買収し、動物医療の診断医療機器事業にも本格的に参入しました。

 

 

 

 

 

 

 

動物用医薬品はジェネリック医薬品の脅威が少なく利益率が

 

 

 

 

 

 

見込める点、また動物用医薬品は自由診療なのでメーカーに

 

 

 

 

 

 

 

価格決定権がある点が強みと言えます。

 

 

 

 

 

 

ゾエティスは、豊富な臨床試験などのデータを持っていることから、

 

 

 

 

 

 

他地域へ進出する際に大きな弾みになり、

 

 

 

 

 

 

このような流れは今後も続いていくと見られています。

 

 

 

 

 

 

 

また業界トップのゾエティスは、ペットのワクチン義務化や

 

 

 

 

 

 

 

新興国のペットブームに後押しされ、さらに拡大していくと予想されています。

 

 

 

 

投資は自己責任ですから、よく調べてから行って下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA